栄養士は実経験が生きる仕事

栄養士の勉強本


一般的に、栄養士の養成学校には、
高校卒業をしてから入学するカタチになります。

しかし、栄養士を学びたいと養成学校の門をたたく人は
高校卒業してスグの人ばかりではありません。
社会で経験を積んだ人や、家庭で主婦をしていた人が
栄養士を目指すことが珍しくないのです。

今まで、当たり前にただ食べてきただけの人が、
社会に出て、仕事の上で食と向き合ったとき、
毎日の生活の中で食生活を考えたとき、
栄養学がどれほど大切かを痛感することがありますよね。

毎日の食事作りや、仕事であったり、
自分が体調を崩したとき、体重管理が上手くいかなかったり。
病気の家族を看護するため、子供の食事を作るためなどなど。

理由は様々ながら、仕事を資格を取るために辞めた人、
家庭を持つ人などが必要を感じて
栄養士の養成学校に入学する場合は
確固とした理由があることがほとんどです。

実経験から得た知識の上に、栄養学を積むことで
生きた学習ができ、仕事に生かすことができるのですね。

CmsAgentTemplate0011-0014 ver2.0