栄養士法の誕生と時代背景

栄養士の仕事


栄養士という名前は誰もが知っていても、
どこの国で生まれた考え方、資格であるか知っていますか?

実は、栄養士は日本生まれなのです。

今でさえ日本は食べるものに困らず、
24時間いつでも温かいもの、冷たいものを
食べることができますよね。

ところが、今から約60年も前に、
この日本でその日に食べるものさえも
満足に手に入れることのできない時代がありました。

そうです、第2次世界大戦に敗北した戦後の時代ですね。
栄養失調で命を落とす人が後を絶たなかったのです。

今では、考えられないことですよね。(>_<)

そんな状況の中で、人々の栄養状態の改善を目的として、
1947年(昭和22年)に栄養士法が誕生しました。

この制度は、厚生大臣が認定する専門の養成施設を卒業すると、
栄養士の資格を取得することができるというものです。

そう、栄養士の歴史はここから始まります。

CmsAgentTemplate0011-0014 ver2.0