卒業後の道も視野に入れよう

栄養士のお仕事


色々な学校や進路の選び方がありますが、
自分が将来どうしたいのかということは何より大切です。

栄養士だけでなく、どの仕事でもそうですが、
学校の勉強が全てではありませんよね。
現場に出てみて初めて分かることが、たくさんあります。

このことから、ポイントは大きく2つに絞られますね。

・しっかりと学問的な栄養学を身につけてから、社会に出る
・最低限の知識を身につけ、実際の社会で経験値をあげる

例えば、病院や学校給食の現場で栄養士に求められることは、
机上でどれだけ学んでも補えません。
現場での実務経験が生きる職場の代表格と言えますよね。

しかし、専門的な分野で仕事をしたいと考えるならば、
まず、基準を満たす学力を身につけていることが必須です。
例えば、管理栄養士の資格をもっていないと
就職試験の権利さえもない就職先もたくさんあります。

めまぐるしく変化する現代社会の中で
栄養士が求められることは、どんどん増えていて、
難しくもなってきています。

どの道のりを選ぶとしても、どんな栄養士になりたいか、
栄養士として何をしたいのかハッキリさせることが、
一番のポイントと言えますよね。

CmsAgentTemplate0011-0014 ver2.0