学校給食

ニンジンが嫌いな学生


学校給食=栄養士。

こんなイメージが一番沸きやすい、
それほどポピュラーな栄養士の活躍の場です。

月末に配られる手書きの給食メニューを見て、
心躍らされて、学校に行くのも楽しみになったり、
誰もが食べたことのある、懐かしいものですよね。

しかし、学校給食を実際作るのは、調理員の人たち。
この人たちは、特別な資格を持っている人ばかりと
いうわけではありません。

学校給食の場で栄養士が目立って活躍するのは、
給食のメニューを作り上げる部分ですね。
主に、管理栄養士が任されていて、
正式には、学校栄養職員と呼ばれています。

給食のメニューは限られた予算内で、栄養のバランスにも
優れたメニューを考えなくてはなりません。
ちなみに予算は、余ってもいけません。難しいですよね…(^^;;
また、旬の食材の紹介や、食べ物についての学習など
子供達が興味を持って楽しく食べ物と触れる機会を作るなど
色々と工夫を凝らしています。

子供達の喜ぶ顔や、苦手なものを克服していく姿など
得られるものもとても多い職場ですよね。

いかにも栄養士らしい仕事で、やりがいもありますが、
自分の母親と同じぐらいのベテラン調理員相手に指導をしたり
学校やPTAとの人間関係が難しかったりと、
栄養士の仕事と別のところで疲れてしまう人も、
実際に存在するのも、現実です。

CmsAgentTemplate0011-0014 ver2.0