介護福祉士やホームヘルパー

高齢化社会がどんどん広がる中で、
福祉の現場でも活躍できる栄養士となるならば、
福祉関係の資格を併せて取っておくと
とても役立つことでしょう。

介護関係の資格は、養成研修施設で、
定められた期間研修を受けなくてはならなく時間がかかる上に、
研修費用も必要なのですが、確実に取得でき、
確実に仕事に生かすことができます。

また、介護福祉士は国家試験のひとつで、
ホームヘルパーより、より時間もかかり費用もかかりますが、
非常に需要の高い資格であり、仕事の幅も広がります。

また、ひとつの手段として、栄養士として社会に出て
3〜5年勤めれば得られる権利である
「雇用保険の教育訓練給付制度」を使って、
資格取得に必要な費用の何割かを負担してもらい、
自己負担を軽減する方法もオススメです。

CmsAgentTemplate0011-0014 ver2.0