ken-guide

管理栄養士としてお仕事をしたいとお考えの方へ

栄養士・管理栄養士の資格や仕事内容について、実際に栄養士の資格を持っている人間が出来る限りわかりやすく説明。栄養士になるために国家試験や勉強方法などの注意点とアドバイス。養成学校の費用やカリキュラムは?栄養士が活躍できる職場は?一緒に取得しておくと便利な資格についても解説しています。

食生活を支える仕事

ふと、「あ〜…、お腹がすいたなぁ。」
そう思ったとき、スグに何か食べ物を食べることができる
恵まれた環境で生活している人がほとんどです。
日本では、いつでも、どこでも
食べ物が手に入ることが当たり前ですよね。

だからと言って、
好きなものばかり食べていてはいけませんよ。(^^;;

ファーストフードやインスタント食品、スナック菓子など
簡単なものばかり食べていては、
いずれ病気になってしまうことは、容易に予測できます。
豊かな食生活を得られる環境の中で、
その食生活を支える仕事は欠かすことが出来ません。
食材やお料理作ることはもちろん、
よい食生活で健康をを維持するために
正しい食生活を支える仕事も、もちろん存在しています。
人それぞれ、自分なりの健康管理を意識しているものなのですが
健康に関するたくさんの情報に迷わされ、惑わされて、
正しい知識であるかどうか疑わしいことを信じて、
知らないままに過ごしていることも、よくある話ですよね。
このようなことを避けるためにも、
食品のプロによる栄養管理は、よりよい食生活を送るために、
欠くことのできない重要な仕事と言えるでしょう。
食生活を影で支える力持ちこそ、栄養士という仕事なのです。

 

栄養指導のスペシャリスト

栄養士と同じく食物に関わる資格に調理師がありますね。
調理師は栄養も考えますが、
料理を作ることがメインになります。
逆に、栄養士は料理も作りますが、
栄養分析や指導もすることが大きな特徴です。
食べ物を生産する、調理をする、提供する仕事も、
豊かな食生活を送る上でとても大切で、
かけがえのない欠かせない仕事なのですが、
美味しそうであること、食べて美味しいことだけでなく、
芽には見えませんが、栄養バランスもとても大切です。
栄養士は食物の栄養分野のスペシャリストです。
生活環境や、体の状態に合わせたメニューを作り、
食事全体のトータルバランスを考えて、
よいよい食生活を手助けします。

 

栄養士は実経験が生きる仕事

一般的に、栄養士の養成学校には、
高校卒業をしてから入学するカタチになります。
しかし、栄養士を学びたいと養成学校の門をたたく人は
高校卒業してスグの人ばかりではありません。
社会で経験を積んだ人や、家庭で主婦をしていた人が
栄養士を目指すことが珍しくないのです。
今まで、当たり前にただ食べてきただけの人が、
社会に出て、仕事の上で食と向き合ったとき、
毎日の生活の中で食生活を考えたとき、
栄養学がどれほど大切かを痛感することがありますよね。
毎日の食事作りや、仕事であったり、
自分が体調を崩したとき、体重管理が上手くいかなかったり。
病気の家族を看護するため、子供の食事を作るためなどなど。
理由は様々ながら、仕事を資格を取るために辞めた人、
家庭を持つ人などが必要を感じて
栄養士の養成学校に入学する場合は
確固とした理由があることがほとんどです。
実経験から得た知識の上に、栄養学を積むことで
生きた学習ができ、仕事に生かすことができるのですね。

 

栄養士に向いている人

栄養士は一生涯使える資格、知識です。
栄養学は生活に密着していて、生きる上で必要な知識ですよね。
ただし、栄養士を仕事とするには、向き・不向きがあります。
いくら生活に密着しているのが栄養士の仕事だからと言って、
誰もが向いているとは限りません。
栄養士の仕事に向いている人は
大前提として、食べることが好きであることです。
栄養士は食に深く関わる仕事ですから
やはり食べることに興味がなければ
務まる仕事ではないですよね。
好きこそものの上手なれといいますから、ね。(^^)
栄養士は、栄養指導をすることもありますので、
人とのコミュニケーションを取ることが好きな方、
コミュニケーションが苦にならないことも大切ですよね。
栄養士は勉強と経験を積んで、
より上級の管理栄養士を目指すこともできますので、
誰かの役に立ちたいと思う方、勉強熱心な方にも
やりがいのある仕事となるでしょう。

 

栄養士は日常に密着している

食べるということは、人間が生きていく上で欠かせないことです。
お腹がすいていては何もできません。そうそう、歌もありますよ。
「どんな小さな虫だって 食べずにいれば 死んでしまう〜♪」
知ってますか、この歌?(^^)
本当にこの歌の通りなんですよね。
食べることは人間の一時的欲求(生理的欲求)で、
飲みたい、眠りたいなどと同じ、
生きるために必要な要求のひとつです。
そう、食べるということは、日常ですよね。
そんなの、当たり前ですよね。
何言ってるのと怒られそうですね。(^^;;
当たり前の日常生活だから、栄養士、栄養学は
生きることから切り離すことはできません。
栄養士の仕事は、何も特別なものではありません。
普通の、当たり前の生活の中でこそ、
キラキラと輝くものなのです。

 

今後の栄養士に求められること

その日に食べるものさえなかった食糧難の時代から、
今では、キライなものをわざわざ食べなくても
食欲が満たされる飽食の時代になりました。
その結果、肥満や成人病を招いて、
健康状態が思わしくない人が急増しています。
頭で分かっていても、好きなものだけ食べ、
運動もしない生活が馴染んでしまっています。
一度馴染んだ生活は、
そう簡単に改善できるものではありません。
不健康と分かっていながら、
なかなか改善できないものなのです。
このような状況の中、健康な人の健康状態を保つだけでなく、
体に不調をきたす人、恐れや不安がある人の
栄養指導や生活習慣の改善、
3度の食事メニューの管理なども、
栄養士の重要な仕事となってきます。
だれかれ、何か体に不安を持っているものです。
心のケアが必要な場合もありますよね。
そう、このように栄養士はより高度な知識や技能が必要とされ、
何より、この現代に求められているのです。

 

Ken Guide: 栄養士へのプロガイド 

あなたが食べる食糧はあなたの健康に影響を与え、ある特定の病気の危険を高めることができる。 より健康な食べるためには、あなたの毎日の習慣および食事療法のいくつかを変える必要があるかもしれない。 あなたの食事療法を増進するよい方法は栄養士か栄養士の助けを追求することである。

ケンガイドでは、健康な生活を実現するためには、栄養が重要だと考えています。 バランスの取れた食事を保つことで健康を増進でき、私達の栄養士は方法のあらゆるステップを導く。 これはあなたの食事療法にフルーツ、野菜および蛋白質の他の源のような食糧を組み込むことを含んでいる。

栄養バランスの取れた、前向きなライフスタイルを維持するお手伝いをします。 これらの習慣は重量を失うか、または維持し、より健康な処置を物理的に、精神的に、および感情的に得るのを助けることができる。

栄養士および栄養士はよいよりより多くの害を引き起こさない信頼できる健康な食べる習慣を提案できる。 異なった源からの栄養物の先端そして食事療法は誤解を招くことができる。 これらの専門家が与える助言を心に留めておきなさい。

すぐに大きな変更を加える必要はありません。 小さな目標を設定し、習慣を少しずつ変えるのが最善です。 時間が経過すると、小さな変化が健康に大きな影響を及ぼす可能性があります。

栄養士と働く間、多くの利点を得る、 また、家族や近くにいる他の人々にもプラスの影響を与える可能性があります。

栄養士を持つことの利点

健康な食事療法

栄養学者はどのタイプの栄養素および食糧がそれらが重量を失うか、またはバランスの取れた食事療法を維持するのを助けるために顧客の新陳代謝を促進するか知っている。

また、顧客の現在の食習慣を評価し、そのための食事計画を作成し、食事と体重が気分や身体のイメージなどの要因に与える影響について教えることもできます。

栄養士は私達の顧客の進歩を監視できる、 クライアントが健康な食習慣を達成できるように、奨励を行い、食事の変更を推奨します。

病気から回復する

病院や診療所などの施設では、患者がさまざまな病気から回復するための食品計画を作成するために栄養学者を雇います。

栄養士と栄養士が医師と協力して患者の反応を監視します 特定のビタミン、食糧および飲み物へ。 また、健康的な食事を開発して免疫システムを強化することもできます。 その方法、風邪、頭痛およびインフルエンザのような共通の健康状態を引き締めることのチャンスを避けるか、または減らすことができる。

応力管理( Stress Management )

大人および若者は栄養学者と働くことによってなぜ食べているか発見する。 栄養士が圧力を管理し、扱うために健康な代わりを見つけることができる間、栄養士は余りにもまたは余りに少し食べる顧客と働くことができる。 彼らは彼 / 彼女が健康なボディイメージと同様、栄養物が豊富な食糧の健康な認識を、開発するのを導き、助ける。

 

Theme: Overlay by Kaira