栄養士は日常に密着している

食べるということは、人間が生きていく上で欠かせないことです。
お腹がすいていては何もできません。そうそう、歌もありますよ。

「どんな小さな虫だって 食べずにいれば 死んでしまう〜♪」

知ってますか、この歌?(^^)

本当にこの歌の通りなんですよね。
食べることは人間の一時的欲求(生理的欲求)で、
飲みたい、眠りたいなどと同じ、
生きるために必要な要求のひとつです。

そう、食べるということは、日常ですよね。

そんなの、当たり前ですよね。
何言ってるのと怒られそうですね。(^^;;

当たり前の日常生活だから、栄養士、栄養学は
生きることから切り離すことはできません。

栄養士の仕事は、何も特別なものではありません。
普通の、当たり前の生活の中でこそ、
キラキラと輝くものなのです。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Theme: Overlay by Kaira